こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

« 『自由な心』 | トップページ | 【E7系】あさま »

2014年6月16日 (月)

≪体を通して、心の声を聴く≫

数ヶ月まえから、耳鳴りがしている。生活には支障はない。

けれども、頭痛、胃のあたりの不快感は時にはあったが

耳鳴りは初めて。何を伝えたいのかな。きっと何かあるのだろう。


ちょうど、仲間のゲシュタルト療法のワークショップに

参加を決めていたので、そこで耳鳴りからアプローチ

してもらうことにしよう。

再決断療法=TA+ゲシュタルト療法

なので、ゲシュタルトも関わりは大きい。

ワークをしたら、いろんな『気づき』があった。



ファシリテーター:「耳鳴りは、なんて言っているの?」

私;「ばかじゃないの」「はりぼて」「出来ないんじゃない」

て、周りの人に言われる。

↑私の中の考えです。



ファシリテーター:「どんなことに対して言われるの?」

私;「中身と表面が違うのがばれて、そう言われる。

《表面》は、いい人でいたい、嫌われたくない、

出来るひとでいたい

《中身》真っ黒でドロドロ、でもスカスカ

でも、もうこんなの嫌だ!ほんとの私でいたい。出したい!


今、心にあるものをはきだした。

深いワークなので後は思い出せないけれど泣いたのは覚えている。

泣いた。嗚咽しながら泣いた。スッキリした。



こんなことを考えて、こんなに自分で自分を責めていたら

身動きできなくて耳鳴りもするな。

やりたいことも、すすまない。

ワークはすすみ・・・

今まで壁となって守ってくれていた《表面》さんには感謝して

空想の引き出しにしまいました。

また、壁となってほしいときは無理しないで守ってもらうし

私と同じような気持ちの人に出会ったら

ひきだしからだしてきて共感もできる。


中身を出して、見せて沢山の人に嫌われても

極少数でも、それでもいいよと。

そこを見て、これから出会える人、近付いてくれる人を

大切にしたいと思いました。



耳鳴りから、『気づき』がこれだけありました。


いまは、この『気づき』のなかに、そのまま居つづけます。

どうしたいのかわかるまで、わかったら決めればいい。

それまで、居つづけます。



カウンセラーとして、ここで一気に活動を広げようと

思っていましたが

いま勤めているお仕事も責任を果たしながら

今回のように、気づきや葛藤を大事にし

これまでの様に少しずつカウンセリングの

道は広げていきたいと思います。


ワークの後から、だんだんと耳鳴りが気にならなくなっています(^o^)/

体を通して心の声を聴いて

自分を大事にしてあげたからでしょう。


心と体が繋がっているのを体感しています。

« 『自由な心』 | トップページ | 【E7系】あさま »

カウンセリングのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598124/59827355

この記事へのトラックバック一覧です: ≪体を通して、心の声を聴く≫:

« 『自由な心』 | トップページ | 【E7系】あさま »