こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

« 誰の目にも見えない世界へいってらっしゃい。 | トップページ | 今日のこと。明日のこと。 »

2015年4月25日 (土)

【人は誰でもOKである】交流分析から。

こんにちは。日中は暑いくらいsunになった伊勢崎市です。

再決断療法ではTA(交流分析)の

理論、このように変化すればよいという理屈と

ゲシュタルト療法の

技法、感情を徹底的に感じるという

ふたつの療法の良いところを取り入れています。


その中で今回はTAの哲学から

【人はだれでもOKである】についてです。


『あなたも私もともに人間として価値があり、重要で、尊厳がある。

私は自分を自分として、あなたをあなたとして受け入れる。

これは行動というより存在そのものについての声明である。

あなたのすることを私が好きでなかったり、受け入れないことが

時々あるかもしれない。

しかし私は常に、あなたがあなたであることを受け入れる。

あなたの行動がOKでないとしても、あなたの人間としての存在は

私にとってOKなのである。

私があなたより優れているということはなく

あなたが私より優れているということもない。

私たちは人として同じレベルにいる。

二人の業績が違うとしてもこれは真実である。

たとえ人種、年齢、宗教が違うとしても

これは同じように真実である。』



人としての存在はどんなでもだれでもOKなんです。


真実は、自分の存在も相手の存在もOKだから

《OKーOK》

といえます。



けれど他にとりがちな立場として

OKーNO(私は人より優れている、他人は私より下)

NOーOK(私は人より劣り価値がない)

NOーNO(私も重要でないけれど、あなたも重要でない)



ある人の前だと自分はNOになってしまう。

ある人の前だとその人をNOにする。



けれど真実は誰を前にしても

自分も相手も重要だし価値がある。


理由があるからOKではないのですね。


【人はだれでもOKである】

20150423_16_57_35

今年もツバメのつがいが来てくれましたconfident

« 誰の目にも見えない世界へいってらっしゃい。 | トップページ | 今日のこと。明日のこと。 »

カウンセリングのこと」カテゴリの記事

コメント

交流分析すごく難しいもののように
感じていましたが・・・
基本的に尊厳を大切にするというところでは
マザーテレサのようなイメージを
持ちました。
すべての人が平等であるように
自分自身もそのようににありたいと思いました。

みかんちゃんタマちゃん母クリスティーさま

なるほどマザーテレサのイメージに共通するところがあるかもしれませんね。
記事を書きながら尊厳とOKという存在について想いなおして
自分、人に対して私もそうありたいと思いました。
一番最初の講座で習ったことを振り返ってみました。
いつもコメントありがとございます(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598124/61492523

この記事へのトラックバック一覧です: 【人は誰でもOKである】交流分析から。:

« 誰の目にも見えない世界へいってらっしゃい。 | トップページ | 今日のこと。明日のこと。 »