こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

« ひとりではここまでこれなかった。 | トップページ | やりたいことと、やっていること。 »

2015年5月28日 (木)

心で聴く。

こんにちは。今日は少し日差しが優しいです



太田市に住んでいた時の友達のひとりを

最近、よく思い出します。


その友達とは20数年のお付き合いでした。

共通の趣味があって、そこで出会い

ランチしたり、お茶したり

頻繁ではないけれど

お互いに無理のない感じで行ったり来たりしていました。


私が離婚したのをきっかけに太田から引っ越しして

お友達もお仕事などが忙しくなって

会う機会も減っていきました。


何年か経ったころ、その人から連絡があって

しばらくぶりにランチしながら話をしました。


その友達には悩みがあったのです。

悩みというか、いろいろなことで混乱している感じでした。




そのころ私は心理の勉強を始めたばかり。


それでやってしまったんです。

バケツをひっくりかえすように心理学の理屈を並べ立ててしまいました。




後から考えたら

お友達は私にただ話をきいて欲しいだけだった。


答えが欲しいとか、解決策を知りたいから

私に話したんではない。


そもそも、私にはその人の答えは持ってないし

本当にどうしたいかはお友達の心にある。



考えたり、解決する能力が無い

というふうに私は友達を【値引き】してしまいました。


もっと、共感できればよかったな。





「私は、こんなことまで知っているのよ。立派でしょう。」

心の奥底では、そう言っていたな。

自分の重要さを認めさせたかった。ある知識をひけらかしたかった。

自己肯定感が低かった私は必死だったんです。




ほんとに恥ずかしい。

反省しかなかった。





今まで、ひとに頼る姿を見せなかったお友達。

頼られた感じで嬉しかった。なにか力になりたかった。




話を聞いて自然な共感、一緒に怒ったり、悲しんだり

できたら、それが力になるってことだった。


お友達の場合はそうだった。

「今日は話を聞いて欲しかっただけなんだ。」

と彼女は言った。






あれから、時間が随分経ちました。



よく思い出すということは

なにかの機会なのかな。


会えるとしたら

彼女と誠実に接しよう。


どのような話になっても彼女を値引きしない。


私も彼女も OKーOK!!





ただ、彼女の話が聞きたいな。

ただ、心で話を聴きたい。




彼女は今どう思っているか分からないけれど

「あの時は、ごめんね。」

って。





それでは、午後からも素敵な時を過ごせますように

« ひとりではここまでこれなかった。 | トップページ | やりたいことと、やっていること。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

kumiさまにも
苦い経験がおありなのですね。
お友達にお会いできて心の掛け違いをなおすことができれば
いいのにと思いました。
しらずしらずしゃべっていてついついこのようになることも
私にもあるのかもと思いました。
今もkumiさまのこころに残っていて聞き役になることの大切さを
教えてくれているのですね。
kumiさまの心がその方に通じますようにと祈ります。

みかんちゃんこころちゃんタマちゃん母クリスティーさま。

苦い経験は結構あるんです(^_^;)
こうしたほうがよかったかな、とか、ああしたらもっといいかな
とかいろいろあります。
はい。まずは聴くことの大切さを思い起こさせてくれる
こころに残る出来事です。
落ち着いたら連絡してみようと考えてます。
ほんとそうですね、こころの掛け違い、なおるといいなと思います。
通じるようにねがってくれてありがとうございます!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心で聴く。:

« ひとりではここまでこれなかった。 | トップページ | やりたいことと、やっていること。 »