こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月に作成された記事

2015年7月31日 (金)

今日のこと。明日のこと。

 

こんばんは。夜もムシムシしていますね。

金曜日の夜、いかがお過ごしですか?

私はルームから徒歩2、3分の販売機まで散歩しながら

ジュースを買いにいってきました。


ルームのご近所で猫を見かけるので

会えるかな~とキョロキョロしながら歩いていたのですが

今夜は一匹も会えませんでした。


ジュースを買おうと思って行ったのに

20150731_225806

結局、お水になりました(^_^)





ホームページをアップして間もないのですが

電話が鳴るんです!


セールスの。


今日は、大阪にあるという会社からSEOが

なんたらかんたら。と電話がありました。


いやぁ。どこをどうやって調べてかけてくるのか関心します。




それだけではありません。

カウンセリングについてのお問い合わせ、お申込みの

電話もいただいています。


こつこつ書いてきたブログからもお申込みをいただいております。



私のホームページやブログが目に留まって

いだだけたこと嬉しく存じます。




再決断療法でできること

私ができることを

精一杯やらせていただきます。

明日は八丁堀

明後日は八重洲で

2日間、研修をしてまいります。



心理学は日進月歩

たえまなく、どんどん進歩しています。


現実的でより効果的なカウンセリングが

できるようにしっかり勉強してきます。



みなさんにとって素敵な週末となりますようにmoon3

2015年7月29日 (水)

猫のみーちゃん。最近の様子。

 

こんにちは。今日も暑いです。

ここのところホルモンバランスのせいか?

はたまた生活習慣のせいか?

体が重くなっています。


更年期になると体重の変動もあるなと覚悟していましたが

それだけでなく運動不足もプラスされている気がします。


健康管理のために運動もしたいな~と考えているこの頃です。


まずは、散歩くらいからかなconfident



去年の暮れに私が確保した迷い猫のみーちゃん

覚えているかたは、いらっしゃるかな。


自宅の庭で確保して、何日かお友達の家で預かってもらって

預かってもらいながら飼い主さんを見つけた。


そして喜んで迎えてくれる飼い主さんが見つかって

その元へいった子猫のみーちゃん。



先日、その飼い主さんのご家族がみーちゃんのアルバムを

持ってきてくれました!

20150729_164843

20150726_095840

20150726_095931

20150726_095637


とても大切にされて、可愛がられているのが伝わるアルバムです。


たくさん食べるのに痩せているからと

心配して病院へ連れていってくれるような

優しいご家族ですnote



みーちゃん、よかった。よかったconfident



やっぱり猫が大好き!!

2015年7月28日 (火)

『もやもや・よもやま話inこころの保健室』

こんにちは。早朝から雷が激しく鳴った伊勢崎市です。

数日前に、【もやもや】が減るお手伝いができたらいいな

という記事を書かせていただいたのですが

考えてひとつ企画してみました。


ー女性限定ー

『もやもや・よもやま話 in こころの保健室』

Pskumifp_9




お申込み・お問い合わせは、お名前と連絡先を記入の上

こちらまでお願いします。

メール:kajima.kumiko@docomo.ne.jp

電話でも受け付けています。090-5565-8080(梶間まで)

 

もやもやテンコ盛りも大歓迎です。

参加してみたいという方を心よりお待ちしています。


お茶を飲みながら一緒に過ごしてみませんか?

梶間久美子

2015年7月25日 (土)

【問題解決型】【性格を変えるカウンセリング】とは。

こんにちは。とっても暑い伊勢崎市です。

お昼はゴーヤを食べて夏仕様の体調になった気分でいる私です。




今日は、私のやっている【問題解決型】【性格を変えるカウンセリング】につい

て改めて書きたいと思いました。


今まで、かいつまんで記事にしたり

一部分をとり上げて書いてはきましたが

全体的にはどういうものなのか説明したことがないな

と、振り返えりました。


私にしては長文になりますが

よかったらお付き合いください。




        【問題解決型】【性格を変えるカウンセリング】


私がカウンセリングを通してお伝えしたいことは

『人は変われる』 『問題は解決できる』 『幸せになることができる』

ということ。

そしてそのための方法がここにあるということです。


こころの保健室で行っているカウンセリングでは

私たちの性格は生まれつきではなく、生まれてから育っていく環境の中で

いろいろな体験をしながらひとつひとつ決めて作られていくと

考えています。

もちろん、生まれついてのタイプや資質のようなものはあると思いますが

その資質がどんなふうにのびていくかは、その後の環境の影響が

大きいと考えています。


例えば「つい人に合わせてしまって、自分はいつも我慢してしまう」

という人がいるとします。

そんなことを思いながら生まれてくる赤ちゃんはいません。

私たちは育っていく間に、このような思考、感情、行動のパターンを

『決断』していくのだと考えています。


もしかしたら「お母さんがいつも大変そうで、いつのまにか自分が我慢

するようになっていた」のかもしれないし

「お母さんに嫌われたくなくて合わせるようになっていた」のかも

しれないし

「友達に仲間外れにされた経験から人に嫌われるのが怖なってしまって

人を優先するようになった」のかもしれないし

私たちは生まれてから現在までの間にたくさんの経験をし

ひとつひとつ決断をして今の性格を作ってきたといっても

過言ではありません。


決断は自分自身でしたものです。

『自分でしたものだから、自分で手放せる』とういのが

私の行うカウンセリングの基本的な考えかたです。


しかし、自分ひとりではなかなか難しいのが現状です。

なんとなく決断は分かったとします。

「よし!こうすればいいんだ!」と上手くいくように考えて

たいていの場合はそれを思考や行動からなんとかしょうとします。

でも、すでに長い間のクセがついてしまっているせいか

なかなかうまくいきません。

「頭ではわかっている。けど・・・」という感じでしょうか。

多くの方がこのような堂々巡りで困っています。


そんな自分ひとりではなかなか難しい『困りごと』の解決をお手伝い

するのが私が行っている心理カウンセリングです。

カウンセラーが一緒に決断を見つけ、気持を消化するお手伝いをし

今となっては不都合に働いている決断を手放す瞬間に寄り添い

自分らしい人生を歩んでいただけるようにそっと見守ります。

カウンセラーがアドバイスするのではなく、二人三脚で一緒に

解決していくのがこころの保健室で行う心理カウンセリングです。



おひとり、おひとりの大切な心のひだに触れ大切にケアする90分。



そして、私が行っているカウンセリングは、再決断理論(1950年代

アメリカの精神科医グールディング博士が提唱した短期解決型

ブリーフセラピー)や感情消化法を背景にした

【問題解決型】のカウンセリングです。

アメリカで提唱された理論を日本人向けに研究を重ね、年間9000件

というカウンセリング現場で効果を検証し

日本交流分析学会理事長である杉田峰康先生監修のテキストを

用いて学んできました。





たった90分

されど90分




問題が解決され

自分らしくへと性格が変わり

今よりももっと幸せになる

90分。



【問題解決型】【性格を変えるカウンセリング】についてでした。



こころの保健室

心理カウンセラー 梶間久美子






週末があなたにとって心地よいものとなりますようにcat

2015年7月23日 (木)

【もやもや】

こんにちは。今日は雲の多い日になっています。

高校野球も大詰めになってきました群馬県です。


試合が勝っても、負けても

それぞれがやり通した3年間、お疲れさまでした!



話はがらっと変わって最近の私の話です。


最近は身近な人から出来るだけ情報を頂くようにしています。


それは、『地域密着カウンセラー』になりたいからです。


私は地域に根付きたいです。


生まれ育った地域がますます元気で

はつらつしたらとっても嬉しいです。


それで考えてみると、都会でやっていることがまるまる当てはめるとは限らないし

群馬県ならではのこともたくさんあると思うので

まずは、どんなことでお困りなのか、どんなことがあったら役立つのか

聞いています。


そんな風に考えながら、周りの人に聞いてみたらこんな

意見を頂きました。


『話したいことはたくさんある。でも聞いてくれる人がなかな居ない』

というご意見。


身内、家族はいても、言えることと言えないことはあるし

家族も最近は親身になって聞いてくれない。


家族だからこそ言えないこともある。


友達はいても、いろいろ話した後に

「あんなこと言わなければよかったかな・・・。」「次が会いずらくなった」

と、もやもやが増える。


こういった気持は私も経験があるから

わかるな~。


これは私の地域だけではないことかもしれませんが

まずは身近なニーズに合ったことができたら嬉しい。


その【もやもや】が少しでも晴れたら

私も嬉しいな。


それで、私もいま考えています。


とにかくいろんな【もやもや】を

こころの保健室でなんとかできないか?


もう少し考えてみます!





日差しがキラキラしてきました。

これから夕方からも素敵な時間となりますようにcafe

2015年7月21日 (火)

小野リサ in 伊勢崎市文化会館

こんにちは!今日も暑いですね。

みなさまはいかがお過ごしですか?


先日、小野リサさんのライブ、行ってきましたnote


いやはや、とても素敵でした。

終始うっとり。


第一部では、パープルのドレスでピアノ・ドラム・ベースの方々と登場!


会場は拍手でいっぱいです。


雰囲気はやわらかくてもオ―ラはキラキラshine

それを眺める私の瞳もキラキラshine


一部ではアルバム Japao の1,2,3 から日本のカバー曲を

披露してくれました。


堺正章の「街の灯り」も爽やかな街の灯りになっていました。


どれを聴いても爽やかになってしまう

小野リサ♪マジック!!


第二部では真っ赤なドレスへ衣装替えです。


待っていたリズムになってきました。


そして待ちに待った「イパネマの娘」heart


はぁ~やっぱり本物はすごい。素敵すぎます。


さらに「おいしい水」「3月の雨」・・・も~ぅ幸せでした。


演奏者とも息が合っていて

和やかに頬笑みあって合図を交わしたり

見ている私も和みました。


ボサノバ。やっぱり好きだな~。


いい曲がたくさんあるので

みなさんも興味があったら聞いてみてくださいconfident

2015年7月20日 (月)

自分で自分を変えてきた二人。

おはようございます。

すでに日差しがジリジリしているsun伊勢崎市です。

昨日はルームに千葉からカウンセラー仲間が来てくれました。



基礎講座のときからずっと一緒に勉強したり遊んだり

しながら進んできた大切な仲間です。


私のこれまでを知っていてくれる人。


出会ったころから見ると二人ともどんどん

変わってきました。


というより、お互いになりたい自分に自分で変えてきた。


自分で自分の変化を喜び

そして喜びを分かち合いました!!


変化球の無い、言葉のラリーや心のラリーも

一緒に楽しみました♪



「ここに居ると時間を忘れる」

と言ってもらえたのも嬉しかった。


ルーム開設のお祝までいただきました!

20150719_101210

癒し系の色合いで素敵です。


ルームの雰囲気にも合っていてとても映えてます。


たくさんの中からいろいろ考えて選んでくれたそうです。


いろんな想いが詰まったプレゼント♡大切にします。


ありがとう!




今日もみなさまにとって素敵な一日となりますようにclover

 

2015年7月17日 (金)

こころの保健室 公式ウェブサイト

こんにちは。雨が降ったり、やんだりの伊勢崎市です。

こころの保健室のホームページができました。

ぜひ、ご覧になってみてください。


http://www.humanheartcare.com/



みなさまにとって素敵な午後となりますようにcafe

2015年7月15日 (水)

カウンセリングルーム

こんにちは!昨日は館林は39℃sunまで上がりました。

いやはや、伊勢崎市も暑いです。ふぅ~。


とはいうものの、夏が好きな私にとっては太陽ギラギラも

パワーになっている感じです。


小学生の時、毎日のように学校のプール、市民プールに

通っていたのを思い出します。

毎年、皮がむけるほど焼けました。



これまでカウンセリングルームのことを聞いていただいたのに

大事な写真を載せていませんでした。



暑い盛りの7月にカウンセリングルームの準備も整いました。


みなさまからは温かい応援をいただきましてありがとうございました。

こうして無事に整いました。

20150713_103459

20150713_103604

            いたってシンプルなお部屋です。




おひとり、おひとりが自分らしさを探す、心の探検を

このお部屋で寄り添わせていただきます。



帰りには、笑顔になることを願いながら。



こころの保健室 梶間久美子

2015年7月10日 (金)

うつ病経験カウンセラー

こんばんは。今日はとても暑い日になった伊勢崎市です。

ここ数日の間に、いろいろと動いてきました。


先週末には「群馬を元気にする会」さんが主宰の

交流会がありました。


初めての参加でしたが、みなさん群馬が大好きなのが分かりました。

いろんな分野からのパワー溢れる方々とお知り合いになれて

有意義な時間が過ごせました。


カウンセラーは私だけでしたので

興味をもって話しかけてくださいました。



交流会の時間内で、参加者の方同士でアッという間に

大きなビジネスが決まっていました。


求めていた人と、やりたい人の

出会いがあったのです。すごい!!






話は変わりますが、少し前の杉田峰康先生の講義の中で

話されたことのひとつ。


『カウンセラーはたくさんカウンセリングを受けてください。

よいカウンセラーはカウンセリングを受けている人です。』

というお言葉がありました。



いくら知識があっても技術があっても

クライアントの立場になって、空椅子に座ってワークを

受けてみないと分からないことがたくさんあります。


どんなに考えても、どんなに思っても

クライアントさんの気持は100パーセントは分かりません。


なのでせめてもクライアントの立場で自分の問題を解決していくのが

私のできることのひとつだと思っています。




「こんな感情のときにはこうされたい」

「こんな場面でこうされたら安心できた」

とか、その身にならないとわからないことはあります。


完全にはできませんが

共感する気持は増えます。


ワークで自分の問題を解決するのは自分のためなのですが

それが反映されてクライアントさんにご提供できるものがあるので

カウンセリングを受けるのは素晴らしいと思っています。






そして、これは私が最近思っていることですが

うつ病やこころの元気がない人への偏見がまだまだあるんだな

ということです。


「うつの人は逃げてる。逃げを分からせてやらないとダメだ」


しばらく前の雑談の中で言われた言葉です。



はぁーこんな考え方の人がまだいるのか(激怒)

“心の叫び” ↑


このような人がいるから、心に元気がない人はますます自分を

責めてしまうんだ。


うつ気分になる人は基本的に真面目であったり、責任感があったり、まず人を

優先したりという人が多いのです。




だから逃げるどころか、逃げないで頑張ってる人なんです。


その人の言葉にもう腹がたってしかたなかったです。

その証拠に、しっかり頭痛もありました。



ちょっと変な言い方ですが

私は、うつ病を経験したこと辛かったけれど後悔していません。



うつ病は良くなる。

私はその生きる証し人。



経験したことで心に元気がない人に

共感できるものが持てました。


うつ病経験カウンセラー。

二人三脚で一緒にクライアントさんの心の元気を取り戻しています。

2015年7月 5日 (日)

【行けばわかるさっ】

こんにちは!今日は空が少し明るい伊勢崎です。



2カ月に一度、会えるか会えないかというカウンセラー仲間との

やりとりをひとつ書きたいと思います。


前回、ランチしていろいろ話したのが6月15日。


好きになるタイプが長女で下に弟がいる人ばかり

とか

私は、長男が多いよ~とか




丁度、エディプス・コンプレックス(フロイト)についての講義が

あったので恋愛についてなんかの話も花がさきました。






*エディプス・コンプレックスとは3才ー6才におこる異性愛の始まり

の論理です。

家庭での父、母、子どもの三角関係のなかで子どもが抱く葛藤*





そんな話もしつつ、今後のお仕事について

私の話をいろいろと聞いてもらいました。






それで先日、その後のこととして報告したいことがあったので

私からメールを送りました。




報告と共に、その時の心境も正直に書きました。



私:「どうなっちまうのか?!わたし。」







仲間:「どうなっちまうか? 行けばわかるさっ。」





この返信でとってもファイトがでました。



新しいことを始めたい。先にいくのは自分で決めている。

決めているけど不安もある。


そんな私に「行けばわかるさっ」と。




スコーン!!とバットの芯に球が当って

きれ~なホームランを打った気分。


卓球でピシッとスマッシュがきまって

ホームもバッチリきまった気分。


例えがおかしいですね・笑

でも、まぁそんな清々しい気分になりました。






行くことはすでに肯定や応援されていてしかも

先にいって何があろうと

それを何とかする力があると

私自身を信じてくれている感じがして

とても嬉しかった。





新しいことにチャレンジするとき

何度も思いだそう!



いまの私の一番のお気に入り

【行けばわかるさっ】








あなたはなにかチャレンジしようとしていることがありますか?



どうなるかは【行けばわかるさっ】(*^^)v





20150615_123629
         6月15日のランチは石焼ビビンバでした(^^♪

2015年7月 3日 (金)

「性格を変えるカウンセリング」

こんにちは。  梶間です。

今日もどんよりなお天気です。




もし、なにか悩みや困りごとがあるとき

あなたはどんな方法で解決しますか?


今回は3つの方法を考えてみました。




1、傾聴


だれかに話を聞いてもらう。

信頼できる人や、専門の方に聞いてもらうこともできます。

心にあること、悩みを聞いてもらうと楽になったりスッキリしますよね。


その場では、とても気分も楽になります。

ただ、その場から帰ってみると・・・状況に変化は無いし

自分の気持もまた同じところにもどってしまうことがあります。


会社の悩みを聞いてもらってスッキリしても

会社に戻ったら、なにも変わらずまた同じ悩みを抱えてしまう。


けれど、聞いてもらうことで考えや気持が整理されて

聞いてもらう前より楽になることもあると思います。

話すことで発散できることありますね。




2、アドバイス


困ったことにどうしたら良いのかアドバイスをもらえると

なるほど!!と助かることがあります。

解決できることがあります。


ひとつ考えなければならないのが

わりと元気がある時はアドバイスを受け容れ

やってみよう!というパワーがあります。


けれども、落ち込んでいてパワーがないときのアドバイスは

ちょっと辛い。

アドバイスを当てはめるパワーもない。

アドバイス通りにできたらいいのはわかっている。

わかっているけれど、それができない。

できない自分に余計、落ち込んでしまう場合があります。

アドバイスはある程度、元気な時の有効な方法だとおもいます。





3、決断を変える


これは、私たちの性格は生まれつきではなく、生まれてから育って

いく環境の中で、いろいろな体験をしながらひとつひとつ決めて

作られていくと考えています。

決断の集まりが性格といえます。


「つい人に合わせてしまって、自分はいつも我慢してしまう」という人が

いるとします。

そんなことを思いながら生まれてくる赤ちゃんはいません。

私たちは育っていく間に、このような思考、感情、行動のパターンを

「決断」していうのだと考えられています。


もしかしたら「お母さんがいつも大変そうだから自分が我慢するようになった」

かもしれないし

「お母さんに嫌われたくなくて、合わせるようになった」かもしれません。


それで、いま困りごとや悩みとなっているこうした根本の決めごとを探していき

長い間の考え方や行動のクセを手放していきます。

再び決断し直す方法が、この決断を変えるというものです。

決断を変えるので、変えた部分は性格が変わります。



それは、困りごとや悩みごとに陥るパターンを手放していくことになります。



ちなみに私が行っているカウンセリング療法は

この、「性格を変えるカウンセリング」です。





今日は、困りごとがあるときに考えられる3つの方法を

とり上げてみました。


あなたは、どんな方法が合いますか?




ムシムシとした日が続いていますが気持はスッキリとしていたですねcafe

2015年7月 2日 (木)

真実のストーリー:カウンセリングの場で。

こんにちは。降ったりやんだりの伊勢崎です。

じめじめが続きますがいかがお過ごしですか?




映画やテレビドラマを好んで見なくなりました。

もともと映画は頻繁に見る方ではないのですが

あんまり感動をしなくなってしまった。

あっ、トイストーリーは変わら好きです♪




作品として芸術的に優れたものはたくさんあるのだろうし

それを私が知らないだけかもしれない。


いつ頃から好んで見なくなったかな・・・。


それは、カウンセリングを始めるようになってからです。




カウンセリングをしていると

お一人、お一人に小さい頃からのリアルなストーリーに

立ち合います。


それは、その方だけの、そして誰も入り込めないストーリー。


人間味というより

人間そのものがあらわになる。感動の場です。



それを共有したり、共感させていただけることに

感謝しかありません。


信用していただけたからこそ出していただけると思う。




「あの人は、もっと大変だったよ。

あの人は、そんなもんじゃない苦労があったよ。」


そんな言葉で励ましているつもりの人もいるだろう。


けれど、私のカウンセリングの場ではありえない。


いま目の前にいるその人の気持が100%

誰とどう比べることができようか。


比べる、そんな失礼なことはない。



小さいときに、ただただ親から微笑んでもらいたかった。

ただただ、お父さんとお母さんが仲良しでいてほしかった。

なにも言わなくていいから抱きしめて欲しかった。




ただただ、やって欲しかったこと。


その小さい頃に満たされなかったものが

大人になった自分を苦しめている。



小さな子どもの立場になったその人が

ようやっと本当の欲求をだせたその場面に居させていただく。


全てがリアル。

真実な心。


真摯な気持で寄り添わせていただく。


来て下さる限り、私も諦めない。

その方が解決できることを諦めない。




だれも作りだすことが出来ない

真実のストーリーを越える感動はないと思っている。




外は少し明るくなってきました。雨はどうかな。

あなたにとって素敵な午後となりますようにcafe

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »