こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2017年7月 »

2015年8月に作成された記事

2015年8月24日 (月)

まだまだ誤解される私のカウンセリング

こんにちは。

どんより曇っているcloud伊勢崎市です。



私がやっている、問題解決型のカウンセリングは

その字の通り、問題を解決するカウンセリングなんです。



それは、私が勝手に答えを持ちだして解決してあげるのではありません。



私はあなたではではないので

なにが、どう変わったら解決なのかが分からないからです。



けれども、

私は、あなたには解決できる能力があると

信じています。



そして、人にはそれぞれ自分がストレスがかからない状態の

本音の答えを持っているのも知っています。



ただ、今はそれを何らかの理由があって

やっていないだけ。



なので、答えも、解決もあなたの中にあります。




問題がある

解決したいと思っている

解決できるんだろうと自分でもなんとなく分かる


しかし【解決の仕方が分からない】

この【解決の仕方が分からない】部分で

私がサポートします。




まだまだ、聞いてアドバイスするだけがカウンセリングだと

思われますが、ぜんぜん違います。



自分の能力を使わず、自分の思考や感情や行動を人に合わせ

人任せにしていてはもったいない。



自分の本音を見て見ぬふりをして

人に思考も感情も行動も預けていたら苦しい。


それは、今まであなたがやってきた方法ではありませんか?








どうか、あなたはあなた自身を値引かないで。

自分の存在、価値、能力を値引かないでほしい。




自分がこうなったら楽だな。

ほんとはこう思えたら、出来たら楽だな。

ってことありませんか?



それは、もともとあなたに有るものです。

人は持ち合わせて無いものは頭にのぼりません。




あなたの感情、思考、行動は

あなたの親のものでも無いし

パートナーのものでも無いし

あなたの子どものものでも無いし

会社の上司や同僚のものでもありません。




けれども選択もあなたのものです。



今のままがよい。それもOK

少し勇気がいるけれど解決して変わる。それもOK



結局のところ

私は「こうなったらきっといいよ!楽だよ!」なんていえないし

変わる方法のひとつがここにあります

とお伝えするしかできないんですね(*^-^)




そんな方法もあるんだな~と

心の片隅に置いてもらえたら嬉しいです。



では、これからの時間も有意義な時となりますようにcat

2015年8月20日 (木)

ヴァン・ジョインズ先生のワークショップが終わりました

こんばんは。

博多で行われたヴァン先生のワークショップが終わり

昨日、帰ってきました。


あっと言う間の博多の4日間でした。



ワークショップの会場はホテルウィズザスタイル福岡

20150818_090441

20150818_090503

とても高級でお洒落なホテルでした。



会場も中庭が見える素敵な部屋でした。


グループ内の世話役の先生以外、参加者まだ誰も来ていなかったので

会場で写真を撮ってもらいました。

20150817_091234



先生はどんな方なのかとても緊張していましたが

穏やかでユーモアもあってとっても素敵!!



講義は通訳をしていただいたので

私にも内容が理解できました。



その通訳をしてくださったのが白井幸子先生で

なんと豪華で贅沢なワークショップ

20150818_102757_2

20150818_102842



二日間の講義とワークを実際に見て

ことばでうまく表現は出来ないのですが

自分の中で何かが起りました。


ん~。自分の中の世界が広がった。


ありきたりな感じですが

これはこれは、初めての感覚です。



この感覚は私の今後にとても影響があると思えたので

この会場で大事に自分の胸の中にしまってきました。


そして、いまも胸の中にあるのが分かります。



幸運にも当選して参加できた今回。



経験は宝ですね。

私に誇りとなる経験ができました。

20150818_161811

穏やかで、温かくてとっても素敵な人柄のヴァン先生。



そして、通訳をしてくださった白井幸子先生

ありがとうございました。



今年、この夏は私の人生の分岐点だと思っています。

この時に、ヴァン先生から直接、教えてもらえたことは

とても大きな意味がありました。





あっと言う間の博多の4日間。

癒しの場所や美味しい物などいろいろ情報をくださった方々

ありがとうございました。


今回は残念なことにぜんぜん行けませんでしたが

また行けたらいいなーと思っています!!


博多、居心地のよい街でした♡










2015年8月19日 (水)

博多の街とも、あと3時間でお別れ

おはようございます!


いま博多駅のカフェでブログを書いています。

楽しかった博多も残すところ3時間となりましたclock


もっと博多を楽しみたいのですが時間が足りなかった!

昨晩、もつ鍋を食べに行ったのですがお目当てのところが行列で断念しました。

そしてまだ食べていなかったラーメンにしました。


20150818_193019

20150818_191123


きっと福岡の方はオススメや名店をご存知なのでしょうが
勉強でエネルギーを使いきってしまって探し回ることができず駅ビルで
見慣れた名前のラーメンに飛び込みましたhappy01


明太子ととラーメンは堪能できました!

博多は楽しくよい街でした。
全然、時間が足りない-!


20150817_161415

ヴァン先生のワークショップのことは後日書きたいと思います。

ヴァン先生と私。初日に撮ったこの写真は隠し撮りみたいですね(笑)

きちんとした写真もとってまらいましたheart

おっと、もう11時になってしまいます! 名残惜しい-。

これからお土産をあれこら探して群馬に戻りますwink

では、また群馬でheart


2015年8月16日 (日)

博多の初日。


こんばんは!


20150816_160506


夕方に博多に到着して

その後、仲間の先生と合流して、初日の夜を楽しみましたwine

博多の街は想像以上に賑やかな街でした。
駅の周辺でまわってみたいお店もありました。
最終日に時間があるのでぜひ買い物したいですwink


明日は早起きして準備万端でヴァン先生に会いたいと思います。

みなさまにとって、素敵な月曜日となりますようにshine

おやすみなさいconfident

2015年8月15日 (土)

カウンセリングルームから歩いて行ける素敵な場所①

こんにちは。昨日とは違い日差しが強く暑いsun伊勢崎市です。

こころの保健室のカウンセリングルームの近くには

隠れ家的で素敵なお店が何件かあるんです。



先ほどルームから歩いてでも行けるイタリアンのお店「CALMA」に

ひとりランチrestaurantしてきました。

20150815_131549


散歩をしながらお店の前を通って

早く食べに来たいと気になっていたお店です。

20150815_121423



ランチのメニューからパスタランチを選びました。

前菜3種+パスタ+ドリンクのセットで¥1,100です。

20150815_125844

       トマトとモッツァレラと自家製バジルソース リングイネ



選べるぱすた種類がたくさんあって、お値段もお手ごろで

味も良かったですconfident



この「CALMA」にきてみたかったのは

私がお腹が空いていただけではなくて

もうひとつの理由があったからなんです。



これからワークショップやルームで行うイベントなどの合間のランチで

隠れ家的でおしゃれで美味しいお店が

あったらいいな~と探していたからなんです。


ルームから歩いて行けたら最高だなって。


逆にランチがメインのお話会なんていうのも楽しそうですよねnote

このお店はピッタリですshine





9月12日(土)のワークショップのランチはここでもOKですね。

参加者さんの意見を聞いてみよflair


9月12日まだ席に空きが御座います。


興味、関心のある方は是非

こころの保健室ホームページにある【facebookページ】のほうを

ご覧になってください。

ワークショップご案内の詳細を書かせていただいております。


こころの保健室 ホームページ http://www.humanheartcare.com/

ゆったり、のんびり自分の心に触れ

ランチも楽しみながら

秋のひと時を一緒に過ごしませんか?

お申込み、お問い合わせお待ちしています。






そしてルームから歩いて行ける素敵な場所は

まだまだ続編がありますwink

どうぞお楽しみにnote

2015年8月14日 (金)

『ヴァン・ジョインズ先生のワークショップ』8月17・18日福岡

とうとう待ちに待った福岡での『ヴァン・ジョインズ先生のワークショップ』

が近付いてきました!!

もうドキドキ♡わくわく♡です。



私の所属しているメンタルサポート研究所のために

世界的権威の先生が来日してくださるのは

ほんとに光栄と感激です。



しかも、抽選で当選しないと参加できないという

貴重なワークショップ。


当選できて本当にツイテル☆



福岡は16日ワークショップの前日に入って

帰りも19日とせっかくなので観光できる予定をくみました。



あぁ~ヴァン先生はどんな人物なんだろう。

    どんなワークをするのかな。

    どんなことをおしえてもらえるなかな。


楽しみが膨らんで踊り出しそうです♪



普段はパンツスタイルが多いのですが

それでは失礼かと思いワンピースをそろえました。

20150814_162248

派手かな?地味かな?無難かな?

考えて迷って・・・これで決定にしました!!



お土産もみんなに買ってきたい。

息子に、息子の彼女に、母に、姉に、友達・・・

なにがいいかな~♪

悩みながらひとりひとりの顔を思い浮かべて選ぶのが

また楽しみ♡

20150813_195859

何度、書き直してもこんな字ですが

指定を受けて名札も準備しましたo(*^▽^*)o




どんな旅になるのか

いろいろご報告していきたいと思います。 


2015年8月13日 (木)

カモミールティーの香りに包まれて♡

おはようございますcloud伊勢崎の朝は曇っています。


今朝の一番の飲み物は

20150813_094329

カモミールティーheart01





私は冷房で体が冷えてしまったときや

気分転換したい時によく飲みます。





カウンセリングルームで飲んでいるのは

ほとんどこのカモミールティーです。



外ではソイラテcafeルームではカモミールshine







胃の粘膜を修復してくれる作用があったり

心身をリラックスさせる効果もあったりで

人気のハーブですよねnote




カモミールの香りに包まれたルームで穏やかにスタートですconfident






お勤めの方も今日からお休みのという方が多いのでしょうか?

みなさんにとって素敵な休日となりますようにclover

2015年8月12日 (水)

親の【不安】と【安心感】

今日は雲の厚い伊勢崎市ですcloud



7日にジョイフル本田で買った猫柄のバックをその日の夕食の時間に

息子に見せてみました。


まぁ~反応はいつものアッサリした感じ。


そこまではよかったのですが

「これYちゃんに買ってあげようかな!色違いならいいよね。可愛いし。」

と、私が息子の彼女に猫のバックを買ってあげたいことを言うと


息子:「やめて!いらない!!」

私:「えぇ~。若い子も持てるよね。ダメかな。あぁ~好みが違うか・・」

息子:「そうだよ。好み違うし。物はやめて。くれるなら消費できるもので

    お願いします。」

私:「そうか。好みじゃない物もらっても困るよね。

   前に猫の柄のくつ下あげちゃったー。あれなら大丈夫だったでしょう?」

息子:「それも物だし。そういうの自己満足だよ。」

私:「笑・たしかに!鋭い!!なるほど私の自己満足だね(^◇^)

   今度からプレゼントしたい時は物はやめとく」

息子:「はい。お願いします。」



いやはや、息子には以前から彼女にプレゼントしてくれるなら

お菓子とか消費するものがありがたいとは言われたいたのです。

そして先日の私の誕生日に2人からクッキーをいただきました♡



それにしても“自己満足”はヒットでした!





親の自己満足だったり

親自身の心を満たしたがために

いろいろやっているんですよね。






ときどき耳にする言葉があります。

(クライアント様の相談内容とは全く関係が無いです)


娘に彼氏なんていないいない。メールも全部見せてもらってるし。

息子は彼女なんてつくる暇ないし、いたらやだな。考えたくない。

やたらな人がお嫁にきて逃げられたら大変だから結婚なんていいんじゃない。

息子のお嫁にさんは、きっとどんな人でも気に入らないと思う。


これらは20代後半~40代の娘や息子さんのお母さん達の意見です。

娘、息子といっても、もう立派な大人です。





私はそれが不思議でならないので知り合いとうこともあって

ざっくりと聞いてみるのです。

娘さんに彼氏がいたら、あなた困るの?

息子さんが結婚したら、あなたがなにか困ることある?

メールチェックしてるの?!そしてお子さんも嫌がらず見せるの?

息子さんが好きで結婚する人なら幸せじゃない。




娘や息子の行動が把握できていないと不安でしかたない人もいます。



ここで、言いたいのは

子どもに彼氏、彼女がいることだけがいいことだとか

結婚することがいいことだというのではなく




親の自己満足のためや親自身の不安感で

子どもの心の成長や、経験を奪ってはいないだろうか

ということです。


これは私自身にも語りかけている言葉です。









心に【安心感】が少ないお子さんが増えています。



【安心感不足】の原因は、親が子どもを身体的に虐待したり

放置してかまわかったりしている場合もありますが

それよりもむしろ『過保護』『過干渉』に育てられたという

場合に多くみられます。





お母さんはあはたをこんなに心配しているのよ

あなたのことを一番分かっているのはお母さんなんだから

みんなあなたのためなんだから



いつもいも心配な過剰な心配は・・お母さんが不安なだけ

あなたのため・・お母さんの自己満足のため

のように私は思えてしまいす。







子どもをまるでお人形のように思い通りに育てようとして

イライラしたり、子どもに当ってしまったり。

これらは母親の【不安】からのものです。


そうされ続けたら、子どもだってたまったもんではありません。



けれども、ずーとそう育てられていると、当たり前の環境だから

母親の顔色をみて、びくびくしながらお人形のようにいい子に

なるのかもしれません。




こうして母親の不安感は子どもに渡され

安心感の少ない子どもが増えていくのかもしれません。






母親自身の【安心感】を増やすという心理療法の手法により

親の問題を解決していくことが可能です。


因みにそれは愛着問題と感情消化法を行っている

こころの保健室の心理療法の手法でもあります。









以前、ご紹介した長崎女子短大でのプロジェクトで設立された

保護者支援・教育研究所で発行された

《そして親になる》という冊子の中の記事を

ひとつ抜粋します。

20150812_155105





ー安全基地 (7つの確信)ー

1 基地にたどり着いた時には自分は歓迎される

2 体と心に栄養を与えられる

3 もし苦しんでいたら安らぎを与えてもらえる

4 恐怖心があるのなら安心感を与えられる

5 本質的に在るべきところに居てくれる

6 励まし支援を求めた時にはすぐにそれに応答してくれる準備がある

7 明らかに必要だというときにしか積極的に介入しない









あなたの心が不安感ではなく【安心感】で満たされることによって

お子さんの安全基地になることができます。






いま、あなたの心は【安心感】で満たされていますか?

2015年8月11日 (火)

【性】【セックス】の悩み

こんにちは。暦の上では立秋を過ぎました。

名残惜しいですが、だんだんと秋の気配が大きくなるのでしょうね。


悩みごとの中で【性】【セックス】については

相談しずらいと思っている方が案外多いようです。


ようです。といのは

私は性に関することや、セックスのことも

他の悩みごとと変わらずに考えているからです。

性のことだからと特別に思っていません。





悩みを抱えていても

相談することを躊躇ったり

相談をしてみたものの相手の反応では更に傷つくことになることも

あるかもしれません。




性のことが気軽に相談できない雰囲気、風潮は残念です。




【性】についても決断が関わっているので

私がおこなっているカウンセリングで

楽になったり、問題を解決していくことができると思います。




性反応の各段階は

欲求→興奮→オルガズム

となっています。



その各段階で障害となることがあります。


①欲求・・・欲求の低下、喪失、喜び欠如、性的接触の嫌悪、恐怖心など

②興奮・・・女性ー不感症

      男性ーED

③オルガズム・・・女性オルガズム障害

          男性オルガズム障害(射精しない、遅漏、膣内射精障害)     

                        *早漏はこの部類に入らない





こういった事がらにも《決断》が関係しています。




欲求がわかなければ興奮はしないし

興奮しなければオルガズムも無いのです。



ここで上げられてない性のお悩みもあると思います。





私自身のことをお話すると

性のことは気楽ではない、欲求があってもセックス自体は嫌悪する気持

好きな男性でも性的に触れられるのがなんとなく怖かったり嫌だ

男性に身をゆだねられない

心からリラックスできない

人間の自然の営みには思えない感覚

いけないことをしている気持

など、振り返るといろいろありました。


解決できるし、変われます。




【性】をネットで検索すると

・人が生まれながらに持っているもの

とありました。



これを考えると、私は変わったというよりも

『生まれ出てきたときの私らしさを取り戻した』という方が

ピンときます。


今はとても性に対して自然体。





解決してみると、成長過程で性について自分なりに決断してきたのがわかり

ました。







ひとりひとりが生まれながらに持っているものって尊いと思いませんか?



男性であるがまま

女性であるがまま

喜んだり、感じたり、楽しんだりすることは自然のことです。





【性】の問題解決は

人生をより楽しみ

自分の持つ尊さを味わい知る

ことに繋がるかもしれません。




生まれながらにあるあなたらしさ

を一緒に取り戻してみませんか?

 

2015年8月10日 (月)

【その人の根底に愛があるからできるカウンセリング】

こんばんは。今日もムシムシしていますね。

私はもしかして大きな誤解をされるようなことを

知らず知らずに書いてきたかなと

ドキッとしたことがありました。



と言うのも先日、お友達と会いまして話をしました。

このお友達は再決断のカウンセリング、感情に焦点をおくカウンセリングを

私から聞いていたり、いろんな質問をしてくれる人です。そのひとが・・



「悩んだり、解決したいことはあるけれど、私は親を恨んでないし

いろいろあるけれどいい親だと思っているから、親に怒りなんて出せない。

親を新聞紙で叩くなんてしたくない。」


と言われました。



あぁ。そうか。そんなふうに受け取る人もいるんだ!

と教えられました。



まず、お伝えしたいのは

私が行っている再決断の問題解決型のカウンセリングが

合う、合わないということがあります。

合わない場合はどんな受け取り方をされても受け止めます。




けれども関心、興味をもってくださっている方々への

誤解があるならば解いておきたいと必死です。



今ある問題を解決していくのに小さい頃の親との関わりの

ことを扱っていくことが多いですが

親を恨んでいる=問題がある

のではないのです。



親を悪く思っているから小さいころのことを扱うのでもありません。


もちろん、虐待やトラウマとなることがあったりしたら

恨んだり、憎い気持もあるかもしれません。


けれど、そのようなことがあっても多くの方は親を愛しています。

どんな親でも愛して欲しいと思いながら大きくなってきました。

自分だけ見ていてほしい

自分だけを愛してほしい

そしてお父さん、お母さんを愛している。感謝している。


なので親が憎いだけで問題があるとか

カウンセリングをしているのではありません。



そして実際、親を悪く思っているとしても

それは良い悪いということでもありません。




感情に焦点をあてるというのは

椅子を使った空想の椅子であっても新聞紙を使って

親自身に怒りを出すことではありません。


本当の欲求を大切にして、気持を出すということなんです。



たとえばですが、「なのをやっても自信がない。」

という人の根本を探していったら


「なにをやってもお父さんも、お母さんも褒めてくれない。」

と小さなころのその人が思っていたことがでてきたとします。


この中でその人は

なにやっても褒めてもらえないんだなという悲しさ

もそかしたらそんな感情が湧いてくるかもしれません。



小さい頃に置き去りにされているそういった感情を大切に感じて

消化していきます。


実際のお父さん、お母さんは褒めてくれていたかもしれません。

言葉や態度で褒めてくれたことがあったかもしれません。



けれどもカウンセリングの場でスポットをあてるのは

クライアントさんからでる言葉と気持と感情だけです。

その時はそう思ったということだけでいいのです。

カウンセリング中はクライアントさんからでるものだけが事実です。


そしてさらに例えば

わたしのこと褒めてよ。

褒めてくれてもいいじゃい。

そんなふうにされるの嫌だ。

こんな感情がでてくるかもしれません。

そうした怒りに関わるものがあるなら

新聞紙で椅子のクッションをたたいて怒りを出します。

新聞紙で叩かなくても

言葉に出してみるなど

その方がスッキリする方法で出します。



ここで誤解されたくないのは怒りは親自身に対して出すものではありません。

悲しみも怖さもそうです。

空椅子でも親自身を叩いて出すものではありません。



その人の本音の部分。

本当の欲求を感じてみるだけなのです。

悲しいな

怖いな

嫌だな

と感じてみるだけなのです。


親に対してだしていても、実のところその怒りは消化されないのです。



文章が下手ですが

誤解をされていたなら解けるように一生懸命に書きました。



私が行っているカウンセリングは

《親を悪く思えというカウンセリングではありません》

《親に怒れというカウンセリングではありません》



【その方の根底に愛があるからこそできるカウンセリング】

なのです。

そして【根底にあった愛がその人自身の中で開花していくカウンセリング】

でもあります。



つたない文章ですが

多くの人に伝わりますように。

20150806_201904
             友達と飲んだラテです♡

2015年8月 7日 (金)

太田市・ジョイフル本田

こんにちは。蝉の声があちこちから聞こえてきます伊勢崎です。





金曜日の午後、いかがお過ごしですか。



今日は母と買い物に行ってまいりました。


太田市にあるジョイフル本田です。

20150807_123358



夏休みということもあって平日にもかかわらず店内は賑わっていました。


日用品から工具類、植物budや食品までいろいろ揃っているので便利です。



店内を一通り回って休憩cafeです。

20150807_10_53_54

 

ドトールのソイラテ、美味しかったですconfident



そして今日、一番の品物は・・・

20150807_162936

バックですheart


やっぱり猫の小物catは癒されます。久しぶりのマリン登場cameraです。




まだまだ暑い日が続きそうです。

みなさま体調にお気をつけて、素敵な週末をお過ごしくださいclover


2015年8月 5日 (水)

ワークショップのご案内

こんにちは。

この前の土曜日にワークショップに参加してきました。

再決断のワークを受けたのですが

それから、体の力が抜けたのと

よく眠れるのと

心が不思議なくらい落ち着いていて

調子がとても良い私です。


体の力は抜けてみて、どれだけ自分で力を入れていたかがわかりました。




この気持の落ち着き感はひとりでいる時も穏やかですし

だれか相手がいる場合も、これまで以上に安定しているし

どことなく息苦しさがあったのですが、それも気にならなくなり

とてもいい感じです。




今回の私の決断の場面は産道でした!




これまで、お腹の中が決断の場面は以前のワークショップで

見たことがありましたが

自分の決断で産道がでてくるとは思いもよりませんでした。


記憶よりも、感覚を大切に扱う療法なので

深い決断の場面の産道がでたのだと思います。


参加者に見守られながら

体に力の入っている窮屈な場所、息苦しい産道から

無事に生まれてきました。


ワークショップだからこそ解決できた問題だったな

と振り返っています。





ワークショップとは

少人数が集まった中で、希望者が順番にカウンセリングをしていきます。


ここでは、再決断のセッションをします。


人がいる中でカウンセリングを受けるの?

と抵抗感を抱かれるでしょうか。

実は再決断療法はグループカウンセリングが始まりなのです。


個人カウンセリングとは違う良さがたくさんあります。


自分がワークを受ける方は自分の問題解決の場になりますし

他の方が受けるワークを見ることによって

心が動いたり、感情が動いて自分に気づきがあったり

自分の中の答えが見えてきたり

自分にもそんな気持ちがある、同じような経験があると共感したり

温かな気持になったり

そのワークを応援したい気持になったりします。



個人カウンセリングと同様に

扱いたい事だけ話せばよいので

必要以上に自分のことは話さなくてもワークはできます。



個人カウンセリングでは味わえないものばかりです。

グループならではの良さを体感していただけると思います。



そして今回は、再決断を勉強してない方にも

参加していただけるように企画しています。


再決断は興味がある

カウンセリンぐ、ワークってどんなふうにやるのかな

心のことに関心がある

一度、ワークを受けてみたい

自分を知りたい

など、どんな理由でも受け付けています。




日時:9月12日(土)  10:00~16:00 (お昼休憩1時間)


場所:伊勢崎市乾町164 セレーノ105号室

    こころの保健室 カウンセリングルーム


料金:¥8,000

主催:梶間久美子


お申込み・お問い合わせ:ホームページのお問い合わせホーム

                                   http://www.humanheartcare.com/

                または kajima.kumiko@docomo.ne.jp

                                              090-6656-8080 (こころの保健室)



日頃、後回しにされがちな心や感情。

この時間は自分の意識を向けて大切にしてあげることができるかも

しれません。


ゆったりとした雰囲気の中で一緒に過ごしませんか?


お申込み、お問い合わせ心よりお持ちしています。


こころの保健室

梶間久美子

2015年8月 4日 (火)

*昔があるから今がある*根本からの問題解決*



こんにちは。少し曇ってきたsuncloudの伊勢崎市です。


みなさん、いかがお過ごしですか。






私がやっているカウンセリングは

いま感じている不快な気持やストレスから

それと似たような感覚を探って

子どものころにまでさかのぼり

根本を見つけていきます。





ときどき「いまの苦しさが無くなればいい」

「子どものころのことはもう過ぎたことだし関係ない」

「昔のことを言っても意味ないよ」

というようなことを聞きます。




そうした時に、理屈は分かっていても

どうも簡潔に説明できないでいました。




けれど、これって言葉がありました!





「昔があるから今がある」

「子どもの頃のことを解決するから今が楽になる」




これは日曜日のトレーニングという勉強会でゲストできてくださった

中谷 晃先生が言っていたことばです。




中谷先生は長崎の心療内科・精神科 山の手クリニックの院長を

されています。




そして、私の教科書である

『交流分析にもとずくカウンセリング』の

第3章の共同執筆者でもあります。

20150804_134825_2

20150804_135637_2

20150804_135139

第3章は、【感情処理、その他の手法】です。




クリニックでは薬を出来るだけ使わずに治療をするために

私たちのカウンセリングの一部である

感情に焦点を置いて処理することを

診察室でなさるそうです。




感情処理とは

悲しみだったり、怖さだったり、怒りという感情を感じて手放していくことです。




人が何かの問題を解決しようとするとき、その問題は思考・感情・行動の

一連の繋がりをもったパターンを示しています。




何かを変えようとする時人は

こうやったらいいんだ!と思考を変えることに焦点があてがちですが

いくら頭で分かっていても心で腑に落ちないと

問題解決になりずらいです。




そのために、心から、内臓レベルで変わるために

感情を感じて手放していくことが必要になります。




そして、中谷先生は必ず患者さんに

「お父さん、お母さんはどんな人だと小さい頃は感じていた?」

と聞くそうです。




医療の現場でも

「今を楽にするには子どものころのことを解決する」

ということが実践されています。




私も心療内科を2件通いましたが

お薬で、今の症状を抑えるのが治療でした。




お薬を出来るだけ使わないようにするために

感情に焦点をあてて、根本の問題解決のための治療を

してくださる精神科の先生が増えたらいいです。


けれども現実には、まだまだそうしてくださる医師は

少ないのでしょう。


なので、医者とカウンセリングをうまく併用して

症状の緩和とカウンセリングで根本の解決を

していかれたら楽になるレベルも違ってくるのでは

ないかと思いました。



そして、なにより医者に掛らなくてはならない

そうなる前に、カウンセリングをうまく

日常に取り入れることができたら

重くならずにすんだり、長引かないで

解決していけるのではないかと痛感しています。


これは、私の経験からの本音です。



自分に合った療法

自分に合ったカウンセラー

を見つけておくのもいいですよ

と、ご提案したいと思います。



雷がきそうです。ゴロゴロいってきました。

これからの時間も有意義な時を刻めますようにcafe

« 2015年7月 | トップページ | 2017年7月 »