こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

カウンセリングのこと

2019年1月 8日 (火)

心理カウンセリング力養成基礎講座修了後のフォローアップ

こんにちは。


6日に、心理カウンセリング力養成基礎講座修了後の

フォローアップ講座としてロールプレイングをしました。

今年初のロールプレイング。

フォローアップ講座は何種類かありますが必須ではなく、

参加したい人が、参加するというものです。

自分のペースを守れます。


それで、ロールプレイングとは何かといいますと実践編です。




実際に仲間同士でカウンセリングを少しずつしながら

技術を身につけていきます。

私が、メンバーさんへ教えていきたいことは

実践で技術を習得するうえで

そこには心が伴ってほしいということです。







受容や共感。

クライアントの味方になっているか。





これらは、私が自分自身で心がけていることです。

ぶれないように。驕らないように。





こういうことが共有できるメンバーさんがいてくれることは

ほんとに嬉しいです。







みんな、心の伴う技術を習得中!!




共に成長していこう!

Img_20190106_184613_864


ロールプレイング終えた顔。

みんな素敵は表情ですshine

2018年12月 8日 (土)

心理カウンセラー資格講座(心理カウンセリング力養成基礎講座)

こんにちは。

今日もカウンセリングルームには太陽の光が優しく差し込んでいます。

心理カウンセリング力養成基礎講座について

大切なことが抜けていたのに気がつきまして

ここでご説明させていただきます。



心理カウンセリング力養成基礎講座は

社団法人メンタルヘルス協会認定 心理カウンセラー初級が

申請できる資格講座でもあります。

社団法人メンタルヘルス協会

https://www.mental-health-association.jp/about/



体験講座では、性格についてや、こころの仕組みや

カウンセリングについて分かりやすくご説明いたします。


実際にカウンセリングもご覧いただけます。


多くの方に知っていただきたいと思っているので

講座の説明は書類でお渡しいたします。


勧誘はいたしませんのでどなたでも安心して参加してください。

◆無料体験講座について▼チラシ部分をクリックしてください

https://www.humanheartcare.com/news/

 

◆心理カウンセリング力養成基礎講座内容・受講生の声一覧

https://www.humanheartcare.com/course/





4月開講なのでチラシをにしました。

春は出会いの季節でもあります。

お申込みしてくださったみなさまに

直接、お会いできるのが今から楽しみです。

1526524709086

この写真は5月にジョン・マクニ―ル博士の研修を受けるために

サンフランシスコに行った時の一枚です。

マクニ―ル先生から教えてもらったこと、見たこと、聞いたこと

五感で感じたものを今回、体験講座で活かしお伝えしたいと思います。


みなさまの週末が素敵な日でありますようにclover

2018年11月28日 (水)

このテキストです!

こんにちは

角部屋のカウンセリングルームに今日も太陽の光が

さんさんと入っています。



心理カウンセリング力養成基礎講座の体験講座について告知を致しました。

どれくらいの方に関心をもっていただけるかな?

いまは分からないけれど『必要としている方に届きますように』と願っています。


というのも、いままで1期生、2期生と講座を修了されましたがその修了生から「もっと早くこれを学びたかった」と何度も聞いてきたからです。


振り返れば私自身が受講生になった時も同じ気持でいました。


ご縁や物事にはタイミングもあります。

なので『必要としている方に届きますように』と、ただ願います。




今日は心理カウンセリング力養成基礎講座のテキストについて書きます。

181128112144492_deco_2


【心理カウンセリング力養成基礎講座 テキスト】

◆テキスト著書はメンタルサポート研究所代表の

倉成央(宣佳)先生 http://www.ms-ken.com/brain-truster.html です。


           倉成 央プロフィール

・株式会社メンタルサポート研究所代表

・博士(学術)

・九州女子大学非常勤講師

・放送大学非常勤講師

・山の手クリニックカウンセラー

・臨床心理士・認定心理士

・産業カウンセラー

・社団法人メンタルヘルス協会理事

・NPOカウンセリングジャパン理事長   等

 

著書

ゆるしのメッセージ                           すばる舎

凹まない生き方                       サンマーク出版

いじめで受けた心の傷とその対処法               チーム医療

あなたの身近な人が新型うつかなと思ったときに読む本 すばる舎                                                            
                                                      他多数




テキスト監修は日本交流分析学会名誉理事長の杉田峰康先生です。

杉田峰康プロフィール

1958年  米国G.. ルーテル大学卒業(Diploma

1660年  米国コンコルディア大学卒業(Bachelor of Science

1962年  米国イリノイ大学大学院修了(Master of SocialWork

                    専攻:心理学・カウンセリング・ケースワーク

1963年  九州大学医学部 助手(心療内科)

1971年  九州大学医学部 講師(心療内科)

1983年  活水女子大学 教授

1994年  福岡県立大学 人間社会学部(人間形成学科)教授

1997年  福岡県立大学・大学院研究科教授(臨床心理学・

                    心身科学・家族心理学)

2001年  3月退官

2003年  3月まで九州大学医学部心療内科講師(非常勤)

2008年  3月まで九州ルーテル学院大学大学院教授

現   在  福岡県立大学名誉教授・同大学大学院講師(非常勤)

             (臨床心理学・心身学科)

             日本交流分析学会名誉理事長

 

著書

交流分析のすすめ              日本文化科学社

こじれる人間関係                  創元社

人生ドラマの自己分析                創元社      

                           他多数








▼心理カウンセリング力養成基礎講座の授業はもちろんのこと

体験講座も専門用語を羅列した難しい授業ではありません。

分かりずらい、難しい授業ほどつまらなく勿体ないものはありません。

心理学が初めての方でも理解していただけるように

日常で使う言葉でお話します。

どなたでも安心して参加してくださいclover



お申込み・お問い合わせは

こころの保健室ホームページのお問い合わせフォーム

https://www.humanheartcare.com/contact/からも受け付けています。

2018年11月23日 (金)

心理カウンセリング力養成基礎講座・無料体験講座のご案内

【心理カウンセリング力養成基礎講座・伊勢崎3期・無料体験講座のご案内】

伊勢崎3期の開講に向けて

来年3月に無料体験講座を開催します。

_20181123_141932


_20181123_141850



《お申込み、お問い合わせ》


◆こころの保健室ホームページのお問い合わせホーム

https://www.humanheartcare.com/contact/

または、お電話090-5565-8080で受け付けています。

◆こころの保健室ホームページの新着情報のページ

https://www.humanheartcare.com/news/

無料体験講座について載っています。

◆講座内容や受講生の声一覧のページもあります!

https://www.humanheartcare.com/course/

関心のある方は、機会にどうぞ参加してください。

お申込みお待ちしています。

梶間久美子

2018年11月 7日 (水)

あるクライアントさんのお話。「私のお守りです」

こんにちは。

今日は太陽の光が差し込んで

気持が良いです。

少し前にカウンセリングを卒業されたクライアントAさんの

お話を書きたいと思います。

当たり前ですが、クライアントさんに許可をいただいてあります。

カウンセリング3回目の

予約当日に現れたAさんを見て私はビックリしました。

そのお姿は前回までのAさんと全然違ったからです。

姿が違うといっても外見が別人のようになっているわけではありません。

髪型が多少変わっていたくらいです。

印象がまるで違うと言ったほうがいいですね。

自然な笑顔、顔色がきれい、瞳がきらきらshineでした。

美容院にも行かれたそうです。

美容院に行きたいと思うくらいな気持になれたんですね。

よかったconfidentと、まずホッとしました。

席に着いて話を聞き始めると

またまたびっくりです。

前回までの話の様子と全く違う!

・家族からの愛情があるのが分かった

・自分を責めてたけれど、私はいまのままでいいのが分かった

・人間関係で嫌なことは嫌と言っていい、言える

・なんでも引きうけて自分を辛くしていたけれどしたくない、

 できない時には断れるようになった

・何かをしてあげることで良い人と思われたかったし嫌われたくなかった

 のに気がついた。もうそうしなくていいと思えている。

・やってあげたらあげたで「あんだけやってあげたのに」ってなっていた  

 けれどそういうのはもういい。

出てくる言葉が素晴らしくて一緒に喜びましたconfident

どれもこれも相手のことは何にも変えて無い

ただAさんの性格が変化しただけです。

Aさん:「一番最初の日に、久美子さんが『性格は変わるよ』と言ってたのが

いまは本当にそうだって分かります。夫も、子どももそのまんまですもん。

だけど私の気持はこんなに楽です。だから私が変わったんです。」

うつ病で辛くて、居場所がないと感じていて、眠れなくて

過去の出来事で自分を責めていたAさん。

自分がダメなんです。なんにもできない自分。と悲嘆していたし

「こんなにやってあげてるのに!」っていう思いで

不快な感情を相手にぶつけていた。

けれど凄い変化です!

自分で自分が重要な存在だし愛される価値があると分かると

周りの人に自分をゆだねなくて済みます。

人の反応で自分を不安定にさせずにすみます。

相手がどう反応しようと自分の価値は変わらないんですから。

性格が変わるカウンセリングの回数は、

クライアントさんによってもちろん違います。

クライアントさんが変わりたいと思うものが違うからです。

Aさんについては、それまでの2回のカウンセリングで

大きな効果がありました

Aさん:「久美子さんが『うつは治らない病気じゃないよ。改善できるよ』と

言ってた。その時は、そうなんだくらいだったけれど、今は

私のうつは良くなるって自分が感じてます。いま辛いと思うことないんです。」

と、おっしゃったAさんに

私:「Aさん、今日でカウンセリングは卒業です。よかったね」と伝えました。

ふたりで嬉し泣きしました。

しばし会話を楽しんだ後に

Aさん:「もし、またひとりでは辛いこと出てきたら、また来てもいいですか?」

私:「もちろんです。また支援させていただきますよ」

Aさん:「あぁ、よかった。久美子さんの名刺をお守りにしていつもお財布に

    入れてあるんです。お守りあるから大丈夫って思える。

    ひとりでは無理なことあったらいつでも来れるし。」

私:「はい。ここはそういう場所です。元気な時は忘れててもらえるくらいが

  嬉しい。でも心が怪我したり、擦りむいたら思いだして『そうだ保健室で

  手当してもらおう』って、いつでもこれる保健室なんですconfident

  名刺をお守りにしてもらえて嬉しいです」

181107105437379_deco_2

Aさんは、ここに連絡を入れみるまでに長い月日を悩まれたそうです

こうして繋がって、支援させていただいて

元気な姿を見送れたのは

悩んで、迷よった末に電話をくれたAさんの勇気でした

関わらせていただけて感謝しますclover

 

2018年10月 5日 (金)

公認心理師

こんにちは。

9月9日に公認心理師の受験してきました。

Dsc_0085_2

カウンセリングと家のこととカウンセリングのための普段の勉強、

それにプラスして受験勉強。すごく頑張りました!

そして試験は難しかった。

試験当日、会場からの帰り

上野駅で涙が止まらなかったです。

「難しかった。あれだけ頑張ったのに悔しいよ。」って。

泣けて、泣けて。

けれどこれは自分でもびっくりなんです。

以前なら「あぁ、もう」ってポイッって簡単に捨ててた。

でも今は違います。悔しくて、悔し泣きが止まらない。

簡単に捨ててない自分がいます。

それだけ頑張ったんだ。「できることはしたなぁ」と思える今です。

そして今回の勉強で大きなものを得ました。

カウンセリングをしていくにあたっての知識が広がったことと

深まったことです。

心理学はもちろんのこと、医療・福祉・教育・産業・法律についての

知識を得ることができました。

様々な角度からカウンセラーとしての認識を改めることができました。

勉強してほんとによかった。

勉強する機会をいただけたことに感謝です。

無駄なことは無いです。クライアントさんのために活かしていきます。

そして日々、勉強を重ねていきます。

2018年8月21日 (火)

コミュ二ケーションスキル【人格適応論】

こんばんは。

みなさま、夏休みはいかがお過ごしでしたか?

まだまだ残暑が厳しいですsun

夏生まれで夏が好きな私も今年は「まいった!」という気持です。

早く涼しくなってほしいもんです。

8月16日と18日に【人格適応論】の研修をいたしました。

今日は写真だけアップ。

180818010820614_deco



180819160652758_deco


ご報告でしたpencil

2018年8月 5日 (日)

上毛新聞・インタビュー記事載りました。

先日、記者の方がインタビューに来てくださいまして、

それが本日の上毛新聞『風っ子』に載りました。

1533425375684_4

必要としている子どもたちに

届きますように。

なにかのお役にたちますよう願います。

2018年8月 3日 (金)

生きていたくない。消えていなくなりたい。居ない方がよい。

今日は「存在するな」という禁止令決断について書きます。

まず禁止令決断とはなにか?ですが、

人がオギャーと生まれてから

育っていく環境の中で

養育者からの言語的メッセージ、非言語的メッセージを

子どもが、それを受け取って「~するな」と決断するものです。

例えば、言語的メッセージならば

・「○○する子なんて家の子じゃありません」

・「あなたが居るからお父さんと離婚しなかった(親が愛情表現のつもりでも)」

古いけれど・「あなたは橋から拾ってきた」など。

言われた子どもにしたら、「このお家に生まれてきてはいけなかったんだ」

とか、親の不幸がまるで自分にあるように受け取ります。

「私がいなければお母さんは幸せになれたのに」

「自分の存在は望まれてない」って受け取ることもあるでしょう。

非言語的メッセージならば

・他の兄弟ばかりをかわいがる。

・見捨てられた体験。(なにかあると直ぐに家を出てしまう親の姿)

・無視、無関心。虐待。

など。

言葉がまだ分からない子どもでも、肌でいろいろ感じて決断していきます。

非言語的メッセージからの方が決断は深いと言われています。

子どもは、毎日毎日、その環境で育っていく中で沢山の決断をしていきます。

事実がどうなのか分らない子ども時代の決断のおおくは

勘違いや思い込みからした決断です。

 

・死んでしまいたい

・自分は居ない方がいい

・消えてなくなりたい

・生きていたくない

・居場所がない

・自分は邪魔な存在

このような感覚がある方の禁止令決断を【存在するな】といいます。

自分は生きる価値が無い

愛される価値が無い

と、どこかで感じています。

いや、普段は感じてない方も多いです。

なぜなら【存在するな】の決断は9割の方が持っていると

言われているからです。

ですから、ほとんどの方が持っている決断といえます。

いっけん、禁止令決断って悪いもののように思えますが

悪者ではありません。

子どもが、自分ではどうにもできないその環境の中で、生きながらえる

ために、自分の命を守るために決断しています。

だから自分を守るためのものです。

私にも【存在するな】の決断が深くありました。

うつ病や、大きなストレスを感じたときに

【存在するな】の禁止令がある方は

死んでしまいたい

死んだ方が楽かも

生きていたくない

消えたい

いなくなりたい

自分は存在してはいけないという気持になりやすいです。

私も大きなストレスを抱えた時期は死にたくなりました。

Dsc_0027_4




この写真は私が研修を受けたときのスライドの一枚です。

うまくストレスを解消できて、健やかに生活できるのが誰しもの望みだと思います。

けれど実際に辛くなったら。

死にたい

死んでしまいたいほど辛い

消えたい

生きている意味がない。

なんのために生きているのか分からない。

こんなふうに感じていたら

【存在するな】の決断を変えるカウンセリングがあります。

インナーチェンジングセラピー(内面から変わるカウンセリング)です。

積極的に死のうとはしない、自殺しようとは思わない、

自殺を企てて無いという方でも、

カウンセリングで【存在するなの】の禁止令があるのがわかったら

【存在するな】の禁止令解除のカウンセリングをします。

禁止令を解除できると

『自分には生きる価値がある』

『愛される価値がある』

と内面が変わります。

変わるという言い方をしていますが

もともと持っている自分の存在や価値についての事実が分かる

と言ったほうが良い気がしました。

誤解や勘違いでした決断を解除したら・・・

真実、事実が残ります。

そう真実は『自分には生きる価値がある』『愛される価値がある』なのです。

自分について誤解をしている人がいるなら

その誤解がとけて、自分自身の真実が分かることを願っています。

2018年7月20日 (金)

いじめ

みなさん、こんにちは。

昨日の上毛新聞社の方とも「いじめ」についての

話題になって、あらためて「いじめ」について

考えました。

いじめを受けている子は、ほんとに、ほんとに苦しんでいます。

傷ついています。

いじめられていることにもそうですが

親の言動や先生の言動にも傷ついています。

どうしてもお伝えしたいことは

【いじめられる側は絶対悪くない】

ということです。

いじめを受けている子は「ぼくが○○だから悪いんです」

「わたしが○○だからいじめられるのも仕方ないんです」

と、《いじめられる自分が悪い》と思っています。

これは絶対に間違いです。

いじめられる人が悪いなんてことは絶対にありません。

勉強ができないから?

のろまだから?

不潔だから?

太っているから?

どれもこれもいじめていい理由になりませんよね。

性格だったり、個性です。

いじめていい理由なんて世の中に存在しません。

それから、いじめかどうか。

相手の子は、「ただ、ふざけてただけで、いじめてません」

というかもしれません。

でもねこれ、相手がどうのこうのじゃないんです。

本人が「いじめられてる」と、そう思ったらいじめです。

相手が「いじめてません。ただの喧嘩です」といったら

いじめじゃないなんておかしいと思いませんか?

自殺してしまったら遅いんです。

いじめられている人がいたらどうかこれだけは覚えていて。

【いじめられる自分は絶対に悪くない】

そしてお子さんがいじめを受けているという親御さんには

【絶対に味方だよ】と伝えてあげてください。

子どもは「こんなこと話したらお母さんが悲しむ」

「お母さんやお父さんに心配かけたくない」と

必死にひとりでたえています。

もし子どもからいじめられてることを聞いたら

話してくれたことを褒めて、その子の気持を

そのまま受け止めてあげてください。

「言い返さないお前も悪いんだよ」

「あんたがなんか相手にしたんじゃないの?」

「社会にでたらそんなことはいくらでもある。そんな弱くてどうする!」

「世の中にはいろんな人がいるんだ。いい勉強だ」

なんて子どもが聞いたらどうでしょう。

とても傷つきます。そして、

《やっぱり僕が悪いんだ》と受け取ります。

そしてもう二度と相談したくないと思うでしょう。

だってそもそも【悪くない】んです。

だから自信を持ってお子さんの100%味方でいてください。

まずはこれです。

味方がいてくれたら、子どもは自然と立ち向かうパワーがでます。

Dsc_1509

より以前の記事一覧