こころの保健室

フォト
無料ブログはココログ

性・sex

2019年9月 2日 (月)

週末の研修(人格適応論をベースとした)

みなさま

こんにちは!

 

9月最初の月曜日ですね。

いかがおすごしでしょうか?

 

8月31日(土)、9月1日(日)は

またまたセミナーをいたしました!

 

 

個人カウンセリングの時間をしっかりとりつつ、

研修やセミナーのお仕事もたくさんした夏でした。

 

 

Dsc_0139_20190902123901
8月31日のセミナー

 

Dsc_0143
ご要望を頂きマンツーマンで😃

 


Point-blur_20190902_120340
このセミナーが、『これからやりたい事の後押しになった」と感想をいただきました!!



 

 

 

 

↓こちらは9月1日の

【恋活・恋愛特別研修】のテキスト

 

Dsc_0071_20190902124401


恋愛と結婚について特化した内容です❤

 


Dsc_0148
驚き・疑問・発見・納得・・・の連続の研修でした!




人格適応論を基にしたセミナーはどれも時間が足りなくなるんです。
どんどん質問や疑問を出して頂けるから😃



今回も、両日とも盛り上がりました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

2015年8月11日 (火)

【性】【セックス】の悩み

こんにちは。暦の上では立秋を過ぎました。

名残惜しいですが、だんだんと秋の気配が大きくなるのでしょうね。


悩みごとの中で【性】【セックス】については

相談しずらいと思っている方が案外多いようです。


ようです。といのは

私は性に関することや、セックスのことも

他の悩みごとと変わらずに考えているからです。

性のことだからと特別に思っていません。





悩みを抱えていても

相談することを躊躇ったり

相談をしてみたものの相手の反応では更に傷つくことになることも

あるかもしれません。




性のことが気軽に相談できない雰囲気、風潮は残念です。




【性】についても決断が関わっているので

私がおこなっているカウンセリングで

楽になったり、問題を解決していくことができると思います。




性反応の各段階は

欲求→興奮→オルガズム

となっています。



その各段階で障害となることがあります。


①欲求・・・欲求の低下、喪失、喜び欠如、性的接触の嫌悪、恐怖心など

②興奮・・・女性ー不感症

      男性ーED

③オルガズム・・・女性オルガズム障害

          男性オルガズム障害(射精しない、遅漏、膣内射精障害)     

                        *早漏はこの部類に入らない





こういった事がらにも《決断》が関係しています。




欲求がわかなければ興奮はしないし

興奮しなければオルガズムも無いのです。



ここで上げられてない性のお悩みもあると思います。





私自身のことをお話すると

性のことは気楽ではない、欲求があってもセックス自体は嫌悪する気持

好きな男性でも性的に触れられるのがなんとなく怖かったり嫌だ

男性に身をゆだねられない

心からリラックスできない

人間の自然の営みには思えない感覚

いけないことをしている気持

など、振り返るといろいろありました。


解決できるし、変われます。




【性】をネットで検索すると

・人が生まれながらに持っているもの

とありました。



これを考えると、私は変わったというよりも

『生まれ出てきたときの私らしさを取り戻した』という方が

ピンときます。


今はとても性に対して自然体。





解決してみると、成長過程で性について自分なりに決断してきたのがわかり

ました。







ひとりひとりが生まれながらに持っているものって尊いと思いませんか?



男性であるがまま

女性であるがまま

喜んだり、感じたり、楽しんだりすることは自然のことです。





【性】の問題解決は

人生をより楽しみ

自分の持つ尊さを味わい知る

ことに繋がるかもしれません。




生まれながらにあるあなたらしさ

を一緒に取り戻してみませんか?